1: (・ω・)/ななしさん

選定基準はなに?

爆死映画『新聞記者』の日本アカデミー賞受賞に邦画ファンも困惑


3月6日、『第43回日本アカデミー賞』の授賞式が行われ、最優秀作品賞に『新聞記者』が輝いた。

同作からは最優秀主演男優賞に松坂桃李、最優秀主演女優賞にシム・ウンギョンが選ばれ、3部門を制覇することとなった。

g


『新聞記者』は加計問題などについて執拗に質問を浴びせ、“菅官房長官の天敵”と呼ばれる東京新聞・望月衣塑子記者による同名自伝本が原案。

国家権力の闇に迫ろうとする新聞記者(シム)と現政権に不都合なニュースをコントロールする任務を与えられたエリート官僚(松坂)の姿を描いた政治サスペンスだが……。


「近年のアカデミー賞の最優秀作品賞の興行収入は、2015年『永遠の0』(87.6億円)、
16年『海街diary 』(16.8億円)17年『シンゴジラ』(82.5億円)、18年『三度目の殺人』(14.6億円)、19年『万引き家族』(45.5億円)と、いずれも大ヒットしています。
しかし、『新聞記者』の興行収入はわずか4.8億円。
他の候補作である『キングダム』(57.3億円)、『翔んで埼玉』(37.6億円)、『蜜蜂と遠雷』(8.6億円)にも遠く及びません。
興行収入が作品の良し悪しを決めるわけではないとはいえ、邦画ファンからはそもそも誰も観ていないような作品を誰が評価して、何の基準で選んでいるのかという疑問が噴出しています。
一方で、国内ではほとんど見られない“現政権や政治を扱った作品”ということに関しては、
ひとつの風穴を開けたのでは、と高い評価は得ています」(映画ライター)


https://www.cyzo.com/2020/03/post_233711.html

所長見解:なんかね・・・

Sponsored Link



3: (・ω・)/ななしさん
 
実は、『新聞記者』がまったく話題にならなかったのには理由があるという。

「同作はフィクションとはいえ、公文書改ざん、大学新設を巡る不正疑惑、政権への忖度など安倍政権で問題となった案件を想起させる内容が盛り沢山です。
しかも、参院選期間と重なったことでテレビ局が忖度し、テレビ番組でのPRはほぼゼロでした。
菅官房長官は受賞に苦い顔をしているのではないでしょうか」(前出・映画ライター)

 
日本映画界による忖度があったか否かは藪の中だが、今回の受賞により、邦画の新しい可能性を見出したことは間違いないだろう。

5: (・ω・)/ななしさん
レコード大賞以下のゴミ

7: (・ω・)/ななしさん
モンドセレクションみたいなもんだろ

8: (・ω・)/ななしさん
まったく知らねぇぞ

11: (・ω・)/ななしさん
パラサイトもそうだけど
最近のアカデミー賞はなんか変だね

14: (・ω・)/ななしさん
なんの権威もない賞

208: (・ω・)/ななしさん
>>14
高倉健に辞退されて逆ギレした賞

15: (・ω・)/ななしさん
赤デミー賞

234: (・ω・)/ななしさん
>>15
これだなw

16: (・ω・)/ななしさん
年会費2万円払った奴らの投票で決まるらしい
つまり容易に買収が可能ってこと

17: (・ω・)/ななしさん
内輪で勝手にやってりゃいいけどテレビでやる意味は無いわな

18: (・ω・)/ななしさん
東京新聞・望月衣塑子記者による同名自伝本が原案。

はい

22: (・ω・)/ななしさん
聞いたこともない映画なんだけど

24: (・ω・)/ななしさん
パヨデミー賞

29: (・ω・)/ななしさん
内容がファンタジーだもん

30: (・ω・)/ななしさん
日本レコード大賞みたいな賞でしょ?

31: (・ω・)/ななしさん
バカデミーショー

37: (・ω・)/ななしさん
こんな恥ずかしい賞になって過去の受賞者が可哀想



引用元: ・選定基準はなに? 爆死映画『新聞記者』の日本アカデミー賞受賞に邦画ファンも困惑