1: (・ω・)/ななしさん

「サイトを開いてみたら、ちゃんと織田裕二さんがいて、すっかり信用してしまいました……」(被害に遭った男性、以下同)

 
いま、佐川急便を装ったサイトを悪用した詐欺が増えているという。

「《お荷物のお届けにあがりましたが不在の為持ち帰りました。
下記よりご確認ください》という不在通知がショートメールで届いたんです。
それまでもサイトやLINEで配達の時間指定をしていたので、何も疑いを持ちませんでした」

 
届いたリンク先を開くと、佐川急便のサイトと、まったく同じデザインのサイトで、CMに出演している織田裕二の姿も。

サイトには、“荷物追跡サービス”のアプリを設定する詳しい説明があり、手順どおりスマホに入れてしまった。


■本物かどうか判別しようとしても……

「アプリを入れたら、僕に届いた文面と同じショートメールが、自分の番号でいろいろな人に勝手に送られたんです」

 
手口について、ITジャーナリストの三上洋氏は、「Androidの場合は、荷物追跡サービスを装った不正アプリを入れさせて、被害の拡大を狙ったメールの不正送信以外には、スマホ内の情報を盗み取って不正利用します。
iPhoneの場合は偽サイトにログインさせて、IDやパスワードを盗み取って、不正利用するというものです」

 
この男性のようなメールの不正送信だけでなく、クレジットカード情報を盗み取られ不正に利用されたり、キャリア決済で勝手に買い物をされた人もいるという。

「不正アプリを入れさせる説明以外、サイトはそっくりです。
そのため注意喚起としては、本物かどうか判別しようとするのではなく、そういったショートメールは無視すること。
自治体や企業がリンクつきのショートメールを送ることはなく、送ることがあっても本文のみで、リンクを貼ってサイトに飛ばすことはありません」(三上氏)

 
もしアプリを入れてしまったら?

「スマホを初期化し、すべてのネットサービスのIDやパスワード、クレジットカードやキャッシュカード、また携帯の番号なども、すべて再発行すべきですね」(三上氏)

 
詐欺サイトを作られてしまった佐川急便に話を聞いてみると、

「集荷や配達に関するお問い合わせを、お客様に対してショートメールで送ることはいっさいしていないので、そういうショートメールが届いた場合は開けずに削除をお願いいたします」


注意すべきは佐川急便を装ったメールだけではない。

「大手銀行やネット銀行を装ったメールも急増中。
“不正アクセスされています”などの理由で銀行のサイトと似通った詐欺サイトにアクセスさせ、ログイン情報を盗み取り、不正に送金させるのです」(三上さん)

 
怪しいショートメールにはくれぐれも気をつけて。


no title


https://www.jprime.jp/articles/-/17269?display=b 

所長見解:あるな・・・

Sponsored Link



2: (・ω・)/ななしさん
封鎖できません

4: (・ω・)/ななしさん
この手に引っかかるアホはもう一生騙されてく人生なんだろう

5: (・ω・)/ななしさん
何にも考えないで生きてんだろうな

7: (・ω・)/ななしさん
「スマホを初期化し、すべてのネットサービスのIDやパスワード、クレジットカードやキャッシュカード、また携帯の番号なども、すべて再発行すべきですね」(三上氏)

超大変だと思うが、サラッと言うなw

8: (・ω・)/ななしさん
そこで

9: (・ω・)/ななしさん
ガラケー最高

11: (・ω・)/ななしさん
よく見たら山本高広だったとか

12: (・ω・)/ななしさん
って情弱がま~たSMSに反応かよw

13: (・ω・)/ななしさん
イーデザイン損保のCMで悩んでる織田裕二が頭に浮かんでワロタw

14: (・ω・)/ななしさん
SMS、最低だな



引用元: ・【俳優】織田裕二、画像悪用で被害者続出…「スマホ不正利用アプリ」の広告塔にされていた!