1: (・ω・)/ななしさん
 
みなさんこんにちは。

ファミコン芸人のフジタです。

今から約35年前、1980年代の中期は『スーパーマリオブラザーズ』が大人気でした。

他メーカーからも、とりあえずスーマリ風のアクションゲームならハズれがないと、そういう理由で俗にいう“置きにいく”タイトルが量産されました。

タレントが出演するスーマリ風のゲームも多数リリースされ、『聖飢魔II 悪魔の逆襲』(1986年)、『所さんのまもるもせめるも』(1987年)、『カケフくんのジャンプ天国 スピード地獄』(1988年)、『田代まさしのプリンセスがいっぱい』(1989年)などが作られました。

 
タレントゲーを出せば、どんなクソゲーだろうと売れたこの時代。

あくまで「クソゲー」とは「おもしろおかしい」という愛を含んだワードですが、80年代後半はどれほどクソゲーであろうとも100万本売れる可能性を秘めていた豊かな時代だったんです。

 
そんな80年代の「タレントゲー」。

中でも有名なのはやはり、1986年にタイトーが発売した『たけしの挑戦状』でしょう。

前述に挙げたタイトルと同じく、アクションゲームではあるものの、攻めに攻めまくっています。

g


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200223-00010000-futaman-game

所長見解:懐かしいな・・・

Sponsored Link



5: (・ω・)/ななしさん
ヤクザと警官に殴られるゲーム

11: (・ω・)/ななしさん
2コンのマイク機能で「あなたのためなら~」カラオケ
同級生でスナックやってる家の息子が歌ったけど普通小学生が知らねぇーだろ

12: (・ω・)/ななしさん
グライダーで詰んだ

14: (・ω・)/ななしさん
売上本数80万本

15: (・ω・)/ななしさん
やすが犯人だったっけ

16: (・ω・)/ななしさん
序盤の選択ミスると終盤でクリア不能になるハマリがあったっけ?

21: (・ω・)/ななしさん
>>16
離婚しないと嫁に連れ戻される
会社辞めないと社長に連れ戻される
宝の地図手に入れたら爺さんを殺さないと最後の最後で殺される

19: (・ω・)/ななしさん
葬式画面とか衝撃だったわ
もう二度とこんなの出ないだろうな

20: (・ω・)/ななしさん
当時、たけしのインタビューをファミコン雑誌で見た記憶があるんだが
世間のサラリーマンにリアルの人生とは違う人生を体験してもらいたい、みたいなことを言っていた

いわば「セカンドライフ」的なイメージを描いてゲームを企画したのだから
ネットが流行るよりもずっと時代の先を行ってたわけだ
ホント天才だよこの人

37: (・ω・)/ななしさん
>>20
たけしの挑戦状は他のタレントゲームと違ってたけしがシナリオやアイデア出して作ってるからな
ググると一緒に作ったプログラマーの人のコメントが出てくる
GTAや龍がごとくのようなオープンワールドゲームでもあり、後の北野映画の世界観も色濃く入ってる

38: (・ω・)/ななしさん
>>20
テレビ番組では業者と喫茶店で2時間かけて
ゲームの趣旨やら構想やら設定やらアイデアやらを話して
じゃあ後よろしくで出来上がったゲームだと言ってたな

23: (・ω・)/ななしさん
なんかよくわからんけど取り敢えず時間は潰せたな

24: (・ω・)/ななしさん
Ⅱコンのマイクを初めて使った

28: (・ω・)/ななしさん
no title

no title

no title

no title

29: (・ω・)/ななしさん
完全攻略本無しでクリアできたやついるんか

30: (・ω・)/ななしさん
攻略法がわからなかったらクリア不能だろこれ
今はネットにおるからクリアできても当時自力でクリアした人なんて0人



引用元: ・たけしの挑戦状の思い出