1: (・ω・)/ななしさん

私は間違いなくラグビーよりサッカーの方が好きです。

理由は様々です。

自分の家族がみんなサッカー好きなのは1つの理由。

また、イタリアでラグビーが有名になったのはこの数年だからです。

サッカーを愛し始めたら、違うスポーツに同じ情熱を持つ、または同じ時間を与えることは難しい。

しかし、サッカーはラグビーから学ぶべきことがたくさんある。

そうすれば、もっといいスポーツになるだろう。

もしかしたら、「学ぶ」という言葉が間違っています。

ラグビーもサッカーも同じスピリッツを持って生まれたスポーツです。

しかし、サッカーはラグビーと違って、少しずつ大事なことを忘れた気がする。


w


<サポーターの違い>

昔は両スポーツを見るために、たくさんの人がスタジアムまで足を運んでいた。

今は少し違います。

サッカーのほぼのサポーターにとって、サッカーはテレビで見るものになった。

しかし、ラグビーは違います。

ラグビーの応援はお祭りみたいな応援で、テレビで見るより、スタジアムで見た方が楽しいと感じている人が多い。

また、これはヨーロッパだけの話になるかもしれないのですが、応援の仕方も違う。

ラグビーには自分の好きなチームの選手を応援して、選手の苦しい戦いが少しでも楽になるようにサポーターは選手を励ます(Jリーグの応援に似たような感じです)。

しかし、ヨーロッパのサッカーの応援には相手チームにひどい言葉をかけるのがメインになった…

ラグビーとサッカーのサポーターの違いを一番感じる瞬間はペナルティキックの時です。

サッカーのサポーターは相手のキーパーにブーイングをする。

しかし、ラグビーの場合、スタジアムがいきなり静かになる…みんながお祈りしているように…


<レフリーとの関係>

サッカーの中で1番気に食わないのが選手とレフリーの関係です。

審判はサッカーの試合の裁判官みたいなものです。

裁判官には文句を言ってたりしますか?しないですよね…しかし、サッカーの審判はどの場面にも、選手に責められたりしている。

しかし、ほぼ全てのラグビー選手は審判をリスペクトして、責めたりなどしない。

むしろ、ヨーロッパでは審判に話しをかける時には敬語を使って話す選手が多い。

当たり前ですよね…ジャッジしなきゃいけないのは選手ではない…審判ですから…


<シミュレーションや時間稼ぎ>

ひどいことに、シミュレーションはサッカーの日常になった。

試合中にコンタクトがないのに、PKを稼ぐために倒れたり…ファールされて、痛みを感じているふりをして時間稼ぎしたり…いつからサッカーがこうなったでしょう…いつの間にか指導者もシムレーションをサッカーの作戦の一つにしたりをし始めた。

だいたいサッカーの試合の最後の10分にはサッカーが見れない…倒れている選手の連続で、試合が止まってばかり。

ラグビーには全ての選手は80分戦います。

痛みつけられても立ち上がって、チームのプライド、そしてサポーターのプライドをピッチの中で見せつけている。


<試合が終わってからの習慣>

サッカーの場合、熱い戦いの後にチームが仲良く話すことはほぼないでしょう。

握手や短い会話をしてから、選手たちはロッカールームに戻って終わり。

しかし、ラグビーには面白い習慣がある。

試合終了後、両チームの選手やスタッフ、審判団、協会関係者などはみんなで会って、食事を楽しみながら、試合を振り返ったり、チームの状況を話したりします。


https://football-tribe.com/japan/2019/10/07/138255/

所長見解:たしかに・・・

Sponsored Link



3: (・ω・)/ななしさん
ジャニタレとアイドルとお笑い芸人を関わらせない。

5: (・ω・)/ななしさん
<本当に痛い時しか痛がっちゃダメ>

ちょっと触れただけなのに削られたアピールはやめましょう。
コロコロのたうち回りながら審判の反応をチラチラ見るのはみっともないですね。

385: (・ω・)/ななしさん
>>5
no title

17: (・ω・)/ななしさん
まぁコケ過ぎだよな今のサッカーは
恩恵がでかいからってさ

20: (・ω・)/ななしさん
さっかー(笑)


五郎丸歩(元ラグビー日本代表)

「フィジカルから逃げてしまうとラグビーもサッカーも世界で戦えない。
しっかり摂取して良いトレーニングをしていけば体は必ず大きくなる。」と日本サッカーに提言


エディー・ジョーンズ(元ラグビー日本代表監督)

「サッカーみたいにワールドカップでは勝てないチームになりたくない」


山本昌邦(サッカー解説者)

「今回のラグビー日本代表は本当に値打ちのあることをやり遂げた。
日本サッカー界では負けた後に「内容は良かった」と平気で言い訳することが多い。
あり得ない。」


畠山健介(元ラグビー日本代表)

(W杯に向けた抱負を問われ)
「サッカーの本田くん(圭佑)みたいに大きなことを言えませんから。
結果を出してからにします。」

21: (・ω・)/ななしさん
まぁ、ノーサイド、という概念がチームや選手やファンに色々と
いい影響を生んでいると思うんだけど、これは試合中身体を激しく
ぶつけ合い、お互いに痛みを共有する中で自然と生まれてきた相手への
敬意、共感、などが元になっているんじゃなかろうか。

23: (・ω・)/ななしさん
さっかー(笑)



デビッド・ベッカム(元サッカー選手)

「サッカー観戦よりもラグビー観戦が好きなんだ。
(サッカーと違って)卑劣なことをしないから。」


三浦知良(サッカー選手)

「ラグビーを見てると、サッカーが弱っちいと思われないか心配」


川淵三郎(Jリーグ初代チェアマン)

「(ラグビーは)あれだけ激しくぶつかり合っても判定に文句を言わない。
少々のタックルでも痛がらない
(Jリーガーは)審判に文句を言うな、すぐ痛がって長く寝そべるな」


土田晃之(芸人・サッカーファンとして有名)

「ラグビーめちゃくちゃ面白くて、サッカー全く見ない。」


玉川徹(コメンテーター・元ラグビー部)

「サッカーはちょっとコンタクトプレーがあると、大げさにアピールするでしょ。
ラグビーはあれだけぶつかっても、ケロっとしてやってる。
あのサッカーは何だったんだっていう感じになるんですよ」


ビートたけし(芸人)

「なんかサッカーを見ると、ひっくり返ったやつがわざと痛がって、全然ペナルティを取られないと普通に走って追いかけるから、『何だあいつは?』って思うよね。
足が折れたみたいな顔して泣き叫んでるけど、全然審判が取らないと走り出して。
インチキの塊みたい」


オーウェンス氏(ラグビー審判)

「またそんなダイブをしたら、(サッカーの試合が行われる)2週間後にここへ戻ってきて(サッカーを)プレーしてもらう」と大袈裟に倒れ込んだ選手に対して皮肉


大西将太郎(元ラグビー日本代表)

「(ネイマールに対して)これで骨折してたらラグビー1試合で10人は骨折するで(笑)」


松尾雄治(元ラグビー日本代表・スポーツキャスター)

「ラグビーは男のやるスポーツ。
サッカーはオカマのスポーツ。
オカマの皆さんごめんなさい。」

24: (・ω・)/ななしさん
さっかー(笑)


清宮克幸(日本ラグビー協会副会長)

「野球選手はまあ慣れているというか上手く話せますよね。
ラグビー選手も社会人を経験しているだけあってそこそこ話せる。
でもサッカー選手って全然話せない。
あれを見た親御さんが自分の子供にサッカーをさせようとは思わないでしょうね。」


スリムクラブ真栄田(芸人・元ラグビー部)

「ラグビーファンは渋谷の交差点で騒がない」


猫組長(評論家)

「ラグビー選手とサッカー選手の人間性の差はなんなんだろう。」


元木昌彦(編集者・ライター)

「昔からラガーマンはチームスポーツの最たるものだから、企業との親和性が高く、
企業はサッカーよりもラグビー出身者を求める傾向があるといわれる。」



ゲーリー・リネカー(元サッカー選手)

(ラグビーNZ代表のハカについて)
「もし対戦相手なら、笑いをこらえるのが大変に違いない(笑)」

30: (・ω・)/ななしさん
ラグビーの客のほうが試合に集中してる気がする

39: (・ω・)/ななしさん
ラグビー見た後だとサッカーのわざと痛がる仕草がよりクソに見える

41: (・ω・)/ななしさん
サッカーはコケ芸を主体とした喜劇にしか見えなくなった

50: (・ω・)/ななしさん
ラグビーは確かに面白いしW杯決勝までは見るつもり
ただ個人的にはサッカーとは別のもので比べる必要もないと思った
自分にとってサッカーは日常だけどラグビーの試合は非日常的な空間に映る
誰でも気軽にプレーできるかといえば難しいだろう
基本的には選ばれた人たちのスポーツというイメージだ
競技人口は増えていくだろうけど一般的な意味での普及はどんなものか…

51: (・ω・)/ななしさん
まぁペナルティの重さの差だわな。
サッカーのシミュレーションなんてのは10分退場か強制選手交代にすればいいのに。

53: (・ω・)/ななしさん
学ぶことは山ほどある



引用元: ・サッカーがラグビーから学ぶべき5つのこと