1: (・ω・)/ななしさん

3年ぶり、通算16枚目のアルバム『見っけ』のリリースに伴い、もはや“国民的バンド”と言っていいだろうスピッツの音楽に対して、さまざまな人々がいろいろな思いや見解を、それぞれの言葉で表現している。

たとえば、『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)に出演していた川谷絵音、杉山勝彦。あるいは、『SONGS』(NHK総合)の大泉洋、そして広瀬すずをはじめとする「なつぞらファミリー」の面々など。

まさしく、性別も世代も超えた多くの人々が、スピッツの音楽を愛しているのだ。

けれども、それらの番組や記事を眺めても、いまだ誰ひとりとして、「スピッツを完全に理解した」とは言えないーーというか、その核心を捉えようとするたびに、ヒラリとその身をかわしてスルリと逃げていくもどかしさこそが、スピッツの音楽の何よりの魅力なのだろう。

s


アルペジオの響きが美しいギターロックとしての滋味はもちろん、その中心に位置する草野マサムネ(Vo/Gt)の透明感溢れる歌声など、スピッツの魅力は、いくつも挙げられる。

けれども、その楽曲のイメージを決定づけているのは、やはり草野による唯一無二の歌詞世界によるところが大きいだろう。

たとえば、『関ジャム』でもオンエアされたスピッツの人気曲ランキングなどでは依然として一位の座に輝いている「ロビンソン」。

この曲の〈新しい季節はなぜかせつない日々で〉という歌い出しと〈誰も触われない二人だけの国〉から始まるサビの部分の歌詞を記憶している人はきっと多いと思うけど、その歌詞のなかには登場しない、この“ロビンソン”とは、果たして何を意味しているのか、について具体的に説明できる人は、恐らく草野本人以外にはいないだろう。

それは、同じく人気曲のひとつである「チェリー」についても同様だ。


あるいは、「ロビンソン」「チェリー」と並ぶ人気曲である「空も飛べるはず」。

スピッツの楽曲のなかでも、かなり歌詞が明確な一曲ではあるけれど、〈きっと今は自由に空も飛べるはず〉という表題と関連したフレーズの直後に置かれた〈夢を濡らした涙が海原へ流れたら ずっとそばで笑っていてほしい〉という一節が、果たしてどんな状況を表しているのかについては、意見が分かれるところだろう。

そう、その色褪せない音楽の美しい響きとは裏腹に、スピッツの歌詞は、今もなお聴く者の心に、そこはかとない疑問を残し続けているのだ。



いずれにせよ、良い曲というのは、何度も繰り返し聴きたくなるものである。

しかし、聴けば聴くほどに、ある種のわからなさが浮かび上がってくるーー否、そのわからなさが、何よりも大事なのだろう。

そのわからなさは、聴く者の想像力によって、いくらでもその羽根を広げていくのだから。

はっぴいえんど、松本隆しかり、井上陽水しかり、サザンオールスターズ、桑田佳祐しかり、世代を超えて長きに渡って愛されるポップソングの条件とは、そのメロディの美しさは誰もが認めるところであっても、その歌詞については、ある種の“わからなさ”がある。

決して難解というわけではなく、むしろ平易な単語を用いているにもかかわらず、聴けば聴くほど新たな発見や解釈が生まれていくようなものなのかもしれない。


https://realsound.jp/2019/10/post-433145.html

所長見解:そうやね・・・

Sponsored Link



2: (・ω・)/ななしさん
マサムネの声だろ
反則過ぎる

7: (・ω・)/ななしさん
>>2
同感でござる。
ボーカルの草野マサムネさんの声質、スゴすぎる。

22: (・ω・)/ななしさん
>>7
さらっと歌いこなしてるように思わせて実はすごいよね

84: (・ω・)/ななしさん
>>2
草野さんの声を出せる芸人さんがなかなか凄い
https://www.youtube.com/watch?v=jJrX1W0y4hI


https://www.youtube.com/watch?v=cyl8vTxbqmE


313: (・ω・)/ななしさん
>>84
こりゃすげえ

175: (・ω・)/ななしさん
>>2
うぬ
だがこれもいい
南アフリカヨハネスブルグの姉弟
スピッツ アフリカで見っけ「ロビンソン」/SPITZ Robinson by BIKO'S MANNA

https://www.youtube.com/watch?v=17RomprW58E&feature=share


866: (・ω・)/ななしさん
>>175
いいなあ
なんか染みた

935: (・ω・)/ななしさん
>>175
再生回数スゲーな
姉ちゃんがビコで弟マナなんだね
のど自慢ワールド呼べ

8: (・ω・)/ななしさん
わけのわからない歌詞を綺麗な曲で隠している

13: (・ω・)/ななしさん
歌詞全体じゃなく一部分の歌詞で良いなぁと思わせる

14: (・ω・)/ななしさん
猫になりたいがたまに無性に聴きたくなる

19: (・ω・)/ななしさん
僕はきっと旅に出るがナンバー1
異論は認める

21: (・ω・)/ななしさん
歌詞は天才的だわ。凡人が人を天才と称するのは"わからない"とき

27: (・ω・)/ななしさん
ボーカルが女と浮名を流さないから支持されてるだけでしょー

33: (・ω・)/ななしさん
マサムネの声が一番の魅力だな

56: (・ω・)/ななしさん
よくあんな歌詞が思い付くな。って感じ。
本人曰く上から降りてくるらしいなw

69: (・ω・)/ななしさん
スピッツは90年代版チューリップなんだよね

80: (・ω・)/ななしさん
スピッツと言われたら犬よりこいつら連想するほどの存在になったのがすごい



引用元: ・【音楽】スピッツの音楽の魅力は“わからなさ”にある