1: (・ω・)/ななしさん

事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

 
結果として辞めざるを得なかった。

21日のアスレチックス戦後、引退を表明したマリナーズのイチロー(45)のことだ。

現役に固執する本人と、ベテランに引導を渡したい球団の間には深い溝があった。

イチローは50歳まで現役でいるのが目標で、その自信もあった。

オープン戦から18打席連続無安打だったものの、来日会見では過去にオープン戦で打てなくてもシーズンで結果が出たことを引き合いに出したほどだ。

イチローは試合後の会見で引退を決めたタイミングと理由に関して、「キャンプ終盤、日本に戻ってくる何日か前ですかね。終盤に入ったときです。もともと日本でプレーするところまでが契約上の予定だった」と言いながら、「キャンプ終盤でも結果が出ず、それ(契約上の予定)を覆すことができなかった」と明かしている。

「(引退の)決断を知ったのは10日前。昨年から話はしていたし、既定路線だ」とはディポトGMだが、本人の中で「既定路線」だったわけではない。

18打席連続無安打がなければ、日本に来る直前に安打を量産していれば、契約を覆せたが、それができなかったからユニホームを脱がざるを得なかったということだ。

「最低50歳までと本当に思っていたけど、かなわなかった」というコメントが本人の無念さを物語っている。

イチローの思いとは裏腹に、マリナーズは若返りが急務だった。

昨シーズン終了後、主力を片っ端から放出するファイアセールを敢行。

エースと抑えと主砲をトレードやFAで出す見返りに、数々の若手有望株をゲット。

「我々は若手が成長するであろう2020年に照準を合わせている」と、ディポトGMは来年以降が勝負であることを隠そうとしなかった。

51


■マリナーズにとっての功労者だけに

それでもマリナーズにとって、イチローは今回の日本開幕の目玉。

結果にかかわらずマリナーズのユニホームを着せ、試合で起用することは商売上の大きなメリットがあった。

しかし、日本開幕が終われば、チームに置いておく必要性はまったくない。

若返りが急務なマリナーズにとっては、むしろ邪魔なだけだった。

イチローは野球殿堂入りが確実視されているスーパースター。

クスリを使ってまで本塁打を量産する風潮に辟易していた米国のファンを、類いまれなバットコントロールとスピードで魅了した。

マリナーズにとっても功労者だけに、不要だからと肩をたたいたり、むげにクビを切るわけにいかなかった。

イチローが自分から辞めると言い出すのを待っていたのは明らかだし、オープン戦で結果が出ないことを自覚させ、引退せざるを得ない状況に追い込んだのも事実だ。

今回の開幕戦を中継したテレビ局は、前日の開幕戦から執拗にイチローをヒーロー扱い。

この日の2戦目の試合中、通信社から引退を示唆する一報が流れると、ことさらお涙頂戴のトーンを強調した。

けさのスポーツ紙も軒並みイチローの引退を美化して大騒ぎだが、その裏側ではイチローと球団との間で暗闘が繰り広げられていたのだ。


日刊ゲンダイDIGITAL 
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/250252

所長見解:よかったよね・・・
365: (・ω・)/ななしさん
>>1
みんな思ってても言わないんだよ大人だから

最後なんだからキレイに終わらせてあげればいいじゃん

それを得意げに大声でぶち壊そうとかみっともないて感覚は無いのか?

515: (・ω・)/ななしさん
>>1
チームからのイチローへの最大級の敬意の現れと受け取れないのがもうね。
本当に即座に不要なら、昨年のうちに同じく引退試合を設けて敬意を示しての終わらせ方に持って行っていたよ。
あまりにも的を得ない記事だし、イチローも自分が客寄せ要員の部分がある事を受け入れてはいるさ。
それを世間に顔が知れた日本の芸能人が言うのが、心ないよ

3: (・ω・)/ななしさん
いやみんな知ってたから
引退ムード覆せると信じてたのはイチローだけ

4: (・ω・)/ななしさん
引退なんて、99%事実上のクビだぞ
45歳まで現役を続けたことを称賛されてるんだぞ

15: (・ω・)/ななしさん
そんなの去年に特別補佐だかになった時点で多くの人は気付いてるだろうに
マリナーズにしてみたら最後に大儲けさせてくれたからイチローに感謝だって

20: (・ω・)/ななしさん
その通りだし、衰えて戦力として邪魔だからクビも仕方ないが、
イチローがこんな半端な契約を引き受けた事が不思議
戦力外を言われたら自分からスパッと辞めるかと思っていた

21: (・ω・)/ななしさん
まだやれるのにメジャーの高額オファーをお断り。
ダメ元で毎年オファーしてきていた古巣に「お世話になります」と返事。
半信半疑の球団とファンの前に彼は本当に帰って来た。
全盛期の力はもうなかったが、彼はメジャーから持ち帰ったテクニックで優勝の立役者になった。
ありがとうイチロー!ってのが理想だった。

33: (・ω・)/ななしさん
>>21
黒田ほど日本人選手の理想的な野球人生を送れた人はいないね
あくまで外から見た感想だけで本人はどうか知らんけど

29: (・ω・)/ななしさん
そんなのわかってるだろ誰もが(笑)

38: (・ω・)/ななしさん
公式戦までセレモニーにしてしまうイチロースゲー大事にされてるな

39: (・ω・)/ななしさん
1本でもヒット打ててたらもっと美化できたんだけどな
まぐれの1本すら出ないほど衰えてからセレモニーってのが
なかなかの不幸だったな

50: (・ω・)/ななしさん
>>39
最後の打席惜しかったじゃん、でもヒット打ってたらどうしても打ちたかった発言を聞けなかったし結果オーライ

43: (・ω・)/ななしさん
レジェンド級が引退するのに大騒ぎにならないほうがおかしいし
騒げば騒ぐほどスポーツ紙なんかも売れるし、メディアが騒ぐのなんか当たり前じゃないのかよ

46: (・ω・)/ななしさん
レジェンドの為に引退の花道を用意したから1年間待ってくれって契約をしてただけじゃん

47: (・ω・)/ななしさん
別にメジャーじゃなくとも日本、他の地域でもやる場所ならいくらでも可能性はあっただろ
イチローは引退は人が決めるわけではなく、己がやれるかやれないかを自分自身が決めることだと言い続けてきた
イチローが決断し、それがたまたまイチローのために用意してくれた最高の花道の舞台で引退になっただけやん

54: (・ω・)/ななしさん
もう去年の時点で日本での引退試合はわかってた
マリナーズはよくやってくれたと思うよ
ただイチローはもうちょっと結果が出せると思ってただろうが、想像以上に衰えてたんだね

59: (・ω・)/ななしさん
>>54
マイナーで実戦やってればともかくあの歳で1年間自主トレだけじゃ
完全にボールに反応できなくなって当然だよなあ
イチローは野球をなめてはいないだろうけど老化をなめてたね

84: (・ω・)/ななしさん
>>59
そうそう、やっぱり丸々1年実戦から離れてると試合勘やら生きた球の感覚から遠退いちゃうみたいね
それだけ目も身体も老化してたということ

74: (・ω・)/ななしさん
マリナーズにとってイチロー選手ナシでの日本開幕ゲームと
イチロー選手アリの日本開幕ゲームなら動員も発信力もそりゃ違うし
マリナーズが後者を選択し、イチローにも昨年の4月に引退ではなく、頑張ってくれないか。となったわけだよ

イチローもそれは想像してもいない提案で、ギフトだったわけ
日本のファンの前でプレイでき、それまではマリナーズのアドバイザー兼練習生としてチームに帯同して良いという、前代未聞の提案

そしてイチローはスプリングトレーニングや東京ドームでの練習試合と開幕戦の公式戦2試合
イチローなりに一生懸命やった。守備はやはり良かった。ただ、打撃がもう何故か駄目になってしまってた。

ただ打撃で結果が出なかったにもかかわらず、最後に日本人が多いと思うが、お客様が東京ドームにたくさん残り
イチローコールとウェーブが始まった。イチローは日本人のファンは表現するのはあまりうまくないというかやらないイメージがあった。
けど内に秘めたものは凄いとわかり、イチローはアメリカでも日本人のファンはスタジアムに来てはくれるが、
東京ドームの試合後もう一度出てグラウンドを一周してたら
死んでも良いと思えるくらい幸せだった。

イチローは今まで様々な記録やプレッシャーもあったが、
アメリカという国を否定するわけではないが、アメリカでは外国人の日本人のマイノリティという事実はあった。
この戦いというかハンデというか、認めて貰ったり文化の違いなど、様々なことに慣れていく作業も
野球をしながらやらないといけないから大変だったんだと思う。

そして離れてみて、WBCを日の丸背負って出て日本人に喜んだり誇りや自信を持って貰いたい。
とかこういう思いも常に強かったんだと思う。

イチローはアメリカのシアトルやニューヨーク、マイアミで関わった人々にも感謝はしているだろうけど
常に心のどこかに日本の関わった人やファンはどう思ってるのかな。というのが気になり
確認したい思いもあったのではないだろうか。

だからイチローにとって日本の開幕戦での引退以上のことはない。大きなギフトで幸せだった。
ありがとうイチロー

あとならオリックスで日本のプロ野球でプレイしたら良かったんじゃないの
って意見もあると思うんだけど、神戸のオリックスブルーウェーブではなく
大阪のオリックスバッファローズに変わっていたり、
日本のプロ野球にまた環境が変わって、長く良いプレイを見せられる自信がなかったのかもしれない。
最低でも50歳って言ってたから有言不実行の男にはなってしまってた。
イチローは後悔などあるはずがない。と言ったり
監督は絶対向いてないし無理、みなさんへの僕からのギフトなんてない。無茶言わないでくださいよ
なんて言ってたが、引退しても必ずファンの為になにかやってくれる。照れ隠しみたいなだけ
そういう日がまた来ることを信じて現役のプロ野球選手イチロー編は閉じよう。
それまではファンがイチローほどは無理でも頑張るターン



引用元: ・【野球】メディアはイチローの引退を美化して大騒ぎだが事実上のクビ 若返りが急務なマリナーズにとってはイチローは邪魔なだけだった