1: (・ω・)/ななしさん
 
m

1995年公開の『耳をすませば』は中学生の男女の恋愛模様を描いた物語であるが、この映画のテレビ放映の後には「自殺したくなる」とネット上に書き込む人々が増えるという。

その多くは十代の頃にこの映画を初めて見た人々で、十数年を経て改めて鑑賞すると、自らの「何もなかった」青春時代や、若かりし頃の無為に過ごした日々を嘆きたくなるというのである。

https://tocana.jp/2019/01/post_19334_entry.html


所長見解:そうか?・・・

11: (・ω・)/ななしさん
何回見てもいい映画だわ

16: (・ω・)/ななしさん
耳をすませばより海がきこえるの方がヤバイ

476: (・ω・)/ななしさん
>>16
これ

17: (・ω・)/ななしさん
単なるファンタジーだろ

22: (・ω・)/ななしさん
でも当時はだいぶガッカリしたけどなこれ

23: (・ω・)/ななしさん
この二人は長く続かないだろうな、とか思うようになった
イヤだなぁ大人って

31: (・ω・)/ななしさん
自殺したくなると感じさせるのはある意味すごい作品だという証

33: (・ω・)/ななしさん
今回初めて観たけどラストしょーもないな
中学生だからあんなラストでいいのか監督が中学生の純愛を馬鹿にしてるのか

42: (・ω・)/ななしさん
そんなことより猫の恩返しと繋がってたのを今回はじめて知っておどろきーーーーw

45: (・ω・)/ななしさん
ネットもねぇ刺激もねぇなんにもねぇだけど震える時代背景
懐かしむほどいい思い出があるわけじゃねぇ
けど、、、今の時代よりなんかいいんだよなぁ
日本してたよなぁ昔は

48: (・ω・)/ななしさん
最後のシーンで冷めた
あんなベタな再会はない

59: (・ω・)/ななしさん
主題歌が無ければ凡作だったかもしれない

61: (・ω・)/ななしさん
正直独身を責めに来てるのこれよりおもひでぽろぽろの方やろ

65: (・ω・)/ななしさん
大多数がそうなんだから嘆くことなんかないのにw

69: (・ω・)/ななしさん
若さゆえの熱と未熟さがいいねぇ
学生時代の恋愛なんてペラッペラでしょ
微笑ましいじゃないの

78: (・ω・)/ななしさん
カントリーロードが聞こえただけでなんか悲しくなってきた
あの素朴な歌声が否応なしに小学生の幸せだった頃を想起させる

87: (・ω・)/ななしさん
たしかに見た後に毎回死にたくなるが
今日も生きてる

93: (・ω・)/ななしさん
火垂るの墓が最強の鬱映画なのでは?



引用元: ・【テレビ】『耳をすませば』が放送されると「自殺」の書き込みが増える、「ジブリの都市伝説」