1: (・ω・)/ななしさん

■4年前に関西へ帰ることも考えていた

近年、ブレイク芸人として名高い千鳥の大悟(38)とノブ(38)。
今では全国区の人気を誇るお笑い芸人といっても過言ではないが、ここまでの道のりは決して平たんなものではなかった。

t


2000年のデビューから関西圏で着々と実績を積み、3年目にして「M-1グランプリ」決勝に進出。
関西圏では瞬く間に人気芸人となった。
2012年、当時11本あった関西のレギュラー番組のほとんどを辞めて東京に進出。
しかし、全国区のレギュラー番組「ピカルの定理」(フジテレビ系)が打ち切りになり、また彼らいわく「東京の現場では妙に緊張する」といった症状も災いし、鳴かず飛ばず状態に。
すべてを捨てて東京進出したが、つまずいた彼らの状況は、「アメトーーク!」(テレビ朝日系)で「帰ろか…千鳥」(2014年9月放送)という企画として特集されたほどだった。

そんな千鳥だったが、上京して5年ほどで徐々に東京でも頭角を現し、やがてブレイク。
2月に発売されたカルチャー誌「Quick Japan」で表紙を飾るだけでなく60ページもの特集が組まれたことで、業界では「千鳥が売れた」との認識が決定的となった。
今ではレギュラー番組を多数抱え、ゴールデン番組でMCを務めることも珍しくなくなってきたが、この状況に2人はまだ満足してない様子だ。
9月10日に放送された「石橋貴明のたいむとんねる」(フジテレビ系)に出演した際、「僕らにはまだ出番が全然回ってこない。
チュートさん、ブラマヨさん、フットさん、バナナマンさんとか40代もいっぱいいますから」とコメント。
石橋貴明(56)を前にして、人気芸人が多数ひしめき合う40代の先輩たちに対する脅威と焦燥感を吐露した。

お笑い業界に詳しい放送作家はこう語る。

「千鳥は今、『テレビマンが最も仕事をしたいお笑い芸人』と言われ、会議でも必ず名前が上がりますが、まだ成功したといえる冠番組がないため、焦っているのもちょっと頷けますね。
ただ、抜群のワードセンスや存在感、常にコメントの瞬発力が求められるバラエティー番組での適応力など、他の芸人より頭ひとつもふたつも抜きんでてますから、今後さらにブレイクするのは間違いないでしょう。
吉本興業サイドも、久々に現れた“第二のダウンタウン”として、猛プッシュしてますよ」

つづく


AERA
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181011-00000031-sasahi-ent


所長見解:ダウンタウンではないな・・・

Sponsored Link



2: (・ω・)/ななしさん

■漫才は「やすきよ」に匹敵する名人芸の域

お笑い評論家のラリー遠田氏も千鳥をこう評価する。

「千鳥はお笑い界に久々に現れた“本格派“の芸人。
本格派というのは、キャラやフレーズに頼らず、番組の中心に立って堂々と面白さを発揮できる人のこと。
今、自然体でのびのびと振る舞えるようになってからは、彼らの本来の面白さが出てきて、人気も評価もうなぎのぼりです。
ノブさんが『~じゃ』という岡山弁を強調したり、こわもての大悟さんが身なりを小奇麗にするようになったのも、人気が上がった理由のひとつでしょう。
芸人仲間の間で『間違いなく面白い』と認められ、尊敬されている人しか、頂点に立つことはできません。
千鳥にはその資格が十分にあると思います」

千鳥の真骨頂とも言える漫才は、今年も単独ツアーが開催されており、チケットは即日完売状態。
前出の放送作家は「どれだけテレビで忙しくても漫才だけは絶対、手抜きしないのが千鳥の良さ」と続ける。

「千鳥の漫才ネタは、あの2人がいてこそ生まれる独特な笑いが特徴です。
大悟の独創的なボケとノブの嘆きツッコミという強烈な武器はあるものの、ネタの面白さ以上にあのキャラだからこそ笑いになる。
誰にもまねできないという意味では、往年のやすきよ(横山やすし・きよし)にも匹敵する名人芸の域です。
2005年のM-1で優勝したブラマヨも、誰もまねできない唯一無二の漫才師として頭角を現し、彼らもまた“第二のダウンタウン”と呼ばれていた時代がありましたが、今、ブラマヨはそこまで成功は収めてない。
それは『スタッフや男性視聴者ウケはいいのに、女性票が弱いから』だとも言われてます。それを意識してるからなのか、ノブはヒゲを永久脱毛し、メンズエステに通っているそうです」

果たして千鳥は第二のダウンタウンとなれるのか、それとも第二のブラマヨで終わってしまうのか。
いま、その真価が問われている。

10: (・ω・)/ななしさん
上が詰まってるのなぁ

13: (・ω・)/ななしさん
ノブ小池も出世したな

14: (・ω・)/ななしさん
プチ・ブルドッグとテキ屋顔のコンビだからなぁ
女受けは決してしないだろうw

16: (・ω・)/ななしさん
CMとかよく出てるけどな。

20: (・ω・)/ななしさん
千鳥38歳ということで38歳までのダウンタウン

ダウンタウン
18歳 大阪NSC入学 1期生
19歳 お笑い君こそスターだ!チャンピオン
21歳 ABCお笑い漫才グランプリ 優勝
24歳 日本放送演芸大賞 最優秀賞
24歳 初司会番組「4時ですよーだ」放送開始
25歳 「夢で逢えたら」放送開始
26歳 上方漫才大賞 大賞
26歳 「笑っていいとも!」レギュラー
26歳 初冠番組「ガキの使い」放送開始
28歳 初ゴールデン「ごっつええ感じ」放送開始
29歳 日テレ「24時間テレビ」メインMC
30歳 「ダウンタウンDX」放送開始
31歳 「HEY!×3MUSIC CHAMP」放送開始
31歳 松本著書「遺書」芸人トップ250万部
31歳 松本 日本武道館にて芸人初単独ライブ
32歳 浜田 シングルCD芸人トップ210万枚
32歳 「NHK紅白歌合戦」初出場
37歳 松本主演「伝説の教師」視聴率26.1%
38歳 浜田主演「明日があるさ」視聴率29.0%

33: (・ω・)/ななしさん
>>20
化け物?

34: (・ω・)/ななしさん
>>20
38歳でもう2周くらいしてるな

23: (・ω・)/ななしさん
いくら漫才が上手でも、この二人をゴリ押すのは無理だよ。
スター性が皆無だもの。

32: (・ω・)/ななしさん
好きだけど東京主体の脚本では輝かない芸人って感じ
ずっと関西ローカルで好き放題ロケやっといて欲しい

37: (・ω・)/ななしさん
ゴリ押しでメインにしてしまうとすぐ消耗してしまう。じっくり育てたれ。

43: (・ω・)/ななしさん
ポストダウンタウンとか、そう言うタイプじゃないと思うが

50: (・ω・)/ななしさん
千鳥面白くて好きだけど抜きん出た存在では無いよな。

52: (・ω・)/ななしさん
華がないかもわからんね(´・ω・`)

60: (・ω・)/ななしさん
ロケは面白い
漫才はつまらん

61: (・ω・)/ななしさん
IndeedのCM面白くないんだけど

66: (・ω・)/ななしさん
千鳥漫才はつまらないな
ロケとかで普通に喋ってる方が面白い
40代は有吉を筆頭につまらない奴に限ってMCやったりしてるからウザい

73: (・ω・)/ななしさん
千鳥は売れたからいいけどかまいたちは帰ってもう来てほしいわ
無人島はコイツらじゃないと

74: (・ω・)/ななしさん
お笑いブームは終わっている

81: (・ω・)/ななしさん
アメトークとか見ても、大悟はフリートークが下手だからないわ
ネタもクセ強いし
サンドとかナイツなら分かるけど

82: (・ω・)/ななしさん
確かに千鳥の番組は観たくなる。ダウンタウンみたいだな。
そういう芸人って多くない。

83: (・ω・)/ななしさん
東京は台本をなくすべきだわな。

94: (・ω・)/ななしさん
ノブが単独でCMに出るなんて想像もつかなかったw

104: (・ω・)/ななしさん
ロンブーは超えたよ

108: (・ω・)/ななしさん
近ごろたくさんCMに出てるのはなんでだろ
今一番本数多いんじゃないの

109: (・ω・)/ななしさん
ロケとトークは最高、漫才はいまいち

120: (・ω・)/ななしさん
過大評価w

125: (・ω・)/ななしさん
千鳥はロケが面白い
漫才はボケが受け付けない時がある

160: (・ω・)/ななしさん
小藪と同じで関西のノリだから嫌悪感ある
大阪でやっといた方が幸せだと思います



引用元: ・【芸能】<人気絶頂!「第二のダウンタウン」と呼び声高い千鳥>漫才は「やすきよ」に匹敵する名人芸の域...課題は女性票?