1: (・ω・)/ななしさん

8月に両肩にある“タトゥーの写真”をSNSに公開して、物議を醸したタレントのりゅうちぇる。
独特できらびやかなファッションセンスがウリだが、10月8日に出演したバラエティ番組「有吉ゼミSP」(日本テレビ系)では、幼少時代の貧困生活について赤裸々に告白した。

r


「りゅうちぇるは、沖縄市コザの出身で5人兄弟の末っ子。
生まれて間もなく両親が離婚し、母親が5人の子供を引き取り育てました。
2DKの木造アパートでの暮らしは、いくら沖縄の物件が安いとはいえ苦しく、りゅうちぇるは母親から“ティッシュは1枚ずつはがして、2回使うべき”などと教えられて育ったと話しています」(番組関係者)

母の教えを守り、扇風機を使っていると「1日の電気代が5円変わる」から、スイッチを“弱”に変えたり、「一回流すたびに3円の水道代がかかる」とトイレの水も節約するなど、兄弟の中でもりゅうちぇるが、一番シビアにチェックしていたとも明かしている。

「りゅうちぇるは、7月3日に放送されたバラエティ番組『幸せ!ボンビーガール2時間SP』(日本テレビ系)でも、ブレイク前の苦労話を語っていました。
沖縄から上京したばかりの頃、ショップ店員として働きスカウトされたものの仕事はなく、そのため食事はまわりの読者モデルたちが、『痩せるしマジいいから!』と勧めてくれた“スルメ”と“マシュマロ”を少しずつかじって飢えをしのいでいたようです。
なんでも一袋で3日間もたせていたとか」(エンタメ誌ライター)

この苦労に耐え抜き、今の地位を手に入れたりゅうちぇる。
どこぞの2世タレントに、爪の垢を煎じて飲ませたいやりたいエピソードでもある。

しかし、りゅうちぇるはなぜ今になって“極貧エピソード”を公表しはじめたのか。

「今までの彼は、華やかなルックスのイメージを損なわないように、貧困時代の過去はオブラートに包んできました。
しかし結婚して1児の父となった今、より親しみのある“家庭的なイクメン”を演じるために、貧困&節約生活時代の話を解禁したのではないか」(前出・エンタメ誌ライター)

“子育て”と共にイメチェンを図るりゅうちぇる。
パパドルとして子育て世代の心をキャッチすることはできるのか!?

http://dailynewsonline.jp/article/1538012/


所長見解:もう・・・

2: (・ω・)/ななしさん
落ち目でなりふり構ってられないだけ?w

3: (・ω・)/ななしさん
刺青のイメージが悪すぎるよ

6: (・ω・)/ななしさん
いよいよ終わりか。

奥さん金持ちなのになんとか芸能界にすがりつこうとするのは立派だと思うけど。

10: (・ω・)/ななしさん
末路

16: (・ω・)/ななしさん
墨入れた後に貧乏育ちをアピールされてもアンニュイな気分に成るだけよ

17: (・ω・)/ななしさん
刺青を封印するのが先だ

26: (・ω・)/ななしさん
昔、テレビに出たくないから早く落ち目になりたいって言ってたのに

31: (・ω・)/ななしさん
タトゥでイメージダウンして企業側も扱いにくくなってしまったから貧困キャラを作り上げてイメージ回復に必死ってか

32: (・ω・)/ななしさん
あれ?パパに愛されていたって設定どこ行った?ちゃんと組み立てとかないと。

47: (・ω・)/ななしさん
節約系企画のお仕事お待ちしておりまーす

52: (・ω・)/ななしさん
芸能人の貧乏自慢はだいたい誇張してるからな
たけしだってあの世代で私立大学行かせるとかそこそこの金持ちだしな
本当の貧乏人は貧乏が恥ずかしいから貧乏自慢はしないよ

67: (・ω・)/ななしさん
ジリ貧



引用元: ・【芸能】りゅうちぇる、封印していた「貧困時代」を公表した目論見とは?