1: (・ω・)/ななしさん

世の心霊ファンの間で有名な放送事故に「目を開く生首の絵」というものがある。

この放送事故は1976年8月20日、日本テレビ系の人気番組『あなたのワイドショー』内の「テレビ三面記事」の放送中に発生した。

「テレビ三面記事」は新聞に載った事件をタレントがレポートするもので、この日は東北の地方紙に掲載された「生きている生首の掛け軸」を落語家の三笑亭夢八(初代・三笑亭夢丸)が取材した。
この掛け軸は青森県の住職が知人から購入したもので、掛け軸には幕末期に京都町奉行与力を務めた渡邊金三郎という役人の生首絵が描かれており、切り口には本物の人間の血が使われているという不気味なもの。

この掛け軸は夜になると「う?う?」と妙なうなり声を上げるといい、母親の部屋に隠したところ今度は母親の体調が悪くなった、といういわく付きのものだった。

スタジオでは、事前に撮影した掛け軸の35ミリのカラースライドが用意され、テレビで大写しにされたのだが、なんと放送後、この掛け軸に描かれた生首の目が放送中に動いた、という視聴者からの電話が殺到。
驚いたスタッフが改めて確認したところ、確かに閉じていたはずの生首の目玉がカッと開き、周囲をギロッギロッと見回していたのだ。

この放送事故は当時、大きな話題になり1976年8月24日の読売新聞にも特集記事が組まれたほか、現在でも日本テレビ制作の“恐怖系”の番組で紹介されることがある。

なお、この目玉の開く生首絵だが、一説によると「仕掛け絵」になっており、見る角度によって絵柄が変わるといった証言もあるが、前述の通り番組に登場したのはカラースライドで実物ではなく、仕掛けという可能性は薄い。
また、偶然ハエが目の部分に張り付いていた、という説もあるが、こちらも証明する方法はない。
真相は闇の中となっている。

http://dailynewsonline.jp/article/1513294/

no title

no title


https://www.youtube.com/watch?v=QwY2y6JXsqA



所長見解:こわい・・・

Sponsored Link



4: (・ω・)/ななしさん
こんな絵気味悪いに決まってる

18: (・ω・)/ななしさん
世の中太った人間は沢山いるのに、デブの幽霊がいないという不思議

25: (・ω・)/ななしさん
>>18
コンテンツ的に魅力ねーんだよ

20: (・ω・)/ななしさん
本当にヤバいのはテレ東の生放送でやった心霊番組で木の間から顔が浮かび上がってきたやつ

24: (・ω・)/ななしさん
車で走行中にガードレールの下で子供が手振ってるやつ怖かった

27: (・ω・)/ななしさん
懐かしすぎ。
覚えている奴アラフォー以上だろww

38: (・ω・)/ななしさん
これ凄いよなw久々に見たわ

41: (・ω・)/ななしさん
心霊番組やっても怖くないように明るい感じになってて解せぬ

70: (・ω・)/ななしさん
あなたの知らない世界は怖かった

72: (・ω・)/ななしさん
1:30黒いハエが鼻の下にいる
1:33黒いハエが目に移動した

83: (・ω・)/ななしさん
自分が幽霊だとしてそんな地味なことするか?

118: (・ω・)/ななしさん
これリアルタイムでみてたよ
たしか放送中に電話がなりやまなかったんだよね

日本懐かしオカルト大全 (タツミムック)


引用元: ・【放送事故伝説】幽霊の仕業……?掛け軸に描かれた生首の目が開いた!