1: (・ω・)/ななしさん

“お笑いエンペラー”ダウンタウンといえば、中堅・若手芸人のあこがれの的。
人気になって30年経った今もなお、世間に与える影響は大きい。

松本人志は、Twitterのツイートや情報トーク番組「ワイドナショー」(フジテレビ系)で発する発言が、必ずと言っていいほどニュースになる。

m


そんな2人は、数多くの独特な造語を生みだしている。
今ではポピュラーな「空気を読む」。
これは、松本が生んだものだ。

「収録現場で暴走気味の共演者に向かって、『空気を読め』と嫌味を込めて発したことがきっかけです。
空気(K)を読む(Y)を“KY”と略されるまでになったのは、周知のとおりです。
すべった状況や人を『さぶい』と表現したのも、松本さんが初めて。
これは、関西弁で言う“寒い”。
素っ頓狂な発言・行動によって、その場の空気が凍りついたことから、寒いと表現したんです」(エンタメ誌ライター)

同じく、関西弁をアレンジしたのは、「タレ」。女性のことだ。
2人がまだ関西ローカルのアイドル芸人だったころ、本命彼女ではなく、遊び相手や体だけのカンケイである異性を表現するときに、突如使いだした。
「タレをかく」。
これは、女性をいただくという下世話な意味だ。
今ではもう、関西でも古いタイプの芸人しか使わない。

「タレは本来、焼き肉のタレなど、食に用いるワードですが、松本さんが調味すると意味がまったく異なります。
似たケースでは、『イタイ』。
“痛い”はメンタルやフィジカルが追い詰められた時に使われるものですが、松本さんの場合は、頭が悪い、イラつかせる、無神経な言動などに対して使います。
時に、想像の域を超えたすごい人に対して“イタイやつ”と、褒め言葉で用いることもありますが」(前出・エンタメ誌ライター)

もはや常用語といっても不思議ではないほど浸透している「噛む」や「絡みにくい」、「かぶってる」や「天然(ボケ)」も、松本発。

初回スタートから14年もの月日が流れているトークバラエティ「人志松本のすべらない話」(フジ系)の“すべらない”も、松本から生まれたものだ。
恐るべし、笑いの皇帝。
そのセンスこそ、すべらんなぁ…である。

https://www.asagei.com/excerpt/110531 


所長見解:そうなんや・・・

Sponsored Link



2: (・ω・)/ななしさん
さすが松ちゃん

5: (・ω・)/ななしさん
吉本芸人は確実に関西人のイメージを下げている

13: (・ω・)/ななしさん
雰囲気読めだったのが空気読め
つっかえたって言ってたのが噛んだ
はずしたといってたのが滑った

この辺はダウンタウンの影響だなあ

29: (・ω・)/ななしさん
捏造はよくない
前からある楽屋用語だろ

40: (・ω・)/ななしさん
「~言いたいだけやん!」
は、間違いなく松ちゃんが広めたと思うけどなあ。

42: (・ω・)/ななしさん
松本が考え出したのか松本の地元では当たり前に使われていただけなのか気になるがどっちなの?

56: (・ω・)/ななしさん
生み出したんじゃなく流行らせただけ

61: (・ω・)/ななしさん
タレなんて初めて聞いた…

68: (・ω・)/ななしさん
サブいとかマンガの表現を流用しただけだろ?

こいつが初めて聞いたのが松本というだけで全部昔から関西で使われてる言葉だよ。

79: (・ω・)/ななしさん
タレというのは、落語の世界では常識
立川談志の本にはよく出てくる

92: (・ω・)/ななしさん
ドヤ顔という言葉を初めて言ったときは笑った
ハマタが散髪したてで息巻いてたのを戒めたんだよねw

104: (・ω・)/ななしさん
どっちも生み出したわけじゃない
関東に広めたのは松本だろうけど

135: (・ω・)/ななしさん
東京のひとらにはめづらしい言葉だったと言うだけじゃないのかな
70年代だと鶴瓶新野のぬかるみの世界という深夜ラジオで
芸人言葉はよく出てきてた さぶい キレる すべる 
そういうのを子供時代に聞いて育ったのが松本浜田

136: (・ω・)/ななしさん
人志はアジアのパピヨン

火星人の殺し方


引用元: ・【芸人】「タレ」「さぶい」…今こそ振り返りたい松本人志が生み出した造語の数々