1: (・ω・)/ななしさん

■桜井和寿×GAKU-MC=“ウカスカジー”が主催するフットボールの祭典『MIFA Football Park』に、TERU(GLAY)がサプライズ登場!

Mr.Childrenの桜井和寿とGAKU-MCの音楽ユニット“ウカスカジー”が主催するフットボールの祭典『MIFA Football Park』が2018年で4周年となり、『MIFA Football Park 4th anniversary party ~MIFA 夏祭り~』が、8月4日、東京・豊洲PITにて開催された。

豊洲PITでは『MIFA夏祭り』として、子供から大人まで1日楽しめるフットボールコンテンツ、ワークショップ、フードエリアなどが展開。

そしてメインとなるウカスカジーのライブで、この日いちばんの盛り上がりが起きた。
シークレットゲストとして、まさかのGLAYのTERUが出演したのだ!

ライブ中盤、MCでGAKU-MCによる「MIFA Football Parkの会員さんをひとり紹介しようかなと思って。僕らのサッカーのお友達です!」という紹介でTERUがステージに登場。
もちろん会場は悲鳴のような驚きの声一色となった。

TERUを迎えての1曲目は、GLAYの名曲「HOWEVER」を桜井和寿が参加して歌唱。
TERU自身も「このバージョンはなかなか聴けないよね。リハーサルで鳥肌がたった」と語る、まさに奇跡のコラボレーション。
日本を代表するボーカリスト2人の歌唱はまさに圧巻! 
会場全員が興奮しながら聴き惚れていた。

そして続いてもGLAYナンバー「疾走れ!ミライ」。
こちらはGAKU-MCがラップで参加し、ジャンルを超えた夢のコラボレーションが実現した。

最後は、再び桜井和寿が参加して、GLAYの代表ロックナンバー「誘惑」。
度肝を抜くサプライズ連続で、会場のボルテージはピークを迎えた。
まるで夢のような時間を、会場にいるすべての人々が目に焼き付けていた。

アンコールでもTERUは再びステージに上がり、ウカスカジー×TERUで「勝利の笑みを 君と」を大合唱。
6月に開催されたロシアW杯の日本代表戦で、ロシアの空に響き渡ったサッカー日本代表公式応援ソングが、この日、豊洲に響きわたった。

音楽だけではなく、フットボールというキーワードで生まれた奇跡のコラボレーション。
改めてフットボールのコミュニケーション能力の高さを感じさせる出来事であった。

なお、GLAYは8月25日・26日に函館にて大型野外ライブを開催。
この日、豊洲を熱狂に包んだTERUが、どんなパフォーマンスを見せてくれるのか楽しみだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180811-00000006-mnet-musi

no title


所長見解:いいな・・・

3: (・ω・)/ななしさん
GLAYのdeb

9: (・ω・)/ななしさん
桜井和寿 わかる
TERU わかる
GLAY わかる
HOWEVER わかる
GAKU-MC 誰?

10: (・ω・)/ななしさん
懐メロだな。当時から声出てなかったから
聞けたものじゃないのは想像できるわ

14: (・ω・)/ななしさん
グレイがもう歌えないからな、これはいい対応かも

19: (・ω・)/ななしさん
こういうのってファンは喜ぶの?

22: (・ω・)/ななしさん
最後がとんでもなく高いよなこの曲

27: (・ω・)/ななしさん
フリーンズ

30: (・ω・)/ななしさん
賞味期限切れ感が凄いな

38: (・ω・)/ななしさん
GAKUって、もう桜井のプロ友達だろ
桜井から気に入られてなきゃ、とっくに別の職業してなきゃいけないレベル

42: (・ω・)/ななしさん
ハウエバー歌っていいのは矢部氏だけだから

AMIGO


引用元: ・【音楽】桜井和寿×GAKU-MC×TERUがGLAYの「HOWEVER」を歌唱!