ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    作家の室井佑月(47)が1日の討論番組『いま、日本を考える2018』(BSテレビ朝日)で「頭おかしい」とヒステリックに司会者に噛み付く様子が放送され、SNS上で話題となっている。

    同番組はBSテレビ朝日が放送する新春恒例の討論番組で、田原総一朗(83)がパネラーで登場するほか、井上達夫(63・東京大学大学院教授)や三浦瑠麗(37・国際政治学者)ら、保守・リベラル両陣営の論客らが参加する、裏『朝生』というべき番組。

    司会が田原ではなく、”テレ朝唯一の常識人”と評判の小松靖アナ(43)が、思想の左右にとらわれず是々非々で討論を仕切るという点で、放送前から「期待できる」という声が飛び交っていた。

    m


    ■「対案出せ」にしどろもどろの青木理、「頭おかしい」と逆キレの室井

    この日、最も注目を集めたのは『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)でおなじみのコメンテーター・青木理(52)が答えに窮して、しどろもどろになったシーンだった。

    「青木さんは番組冒頭で『安倍政権は戦後最低最悪』と切って捨てて批判したのですが、これに対し小松アナが中盤に田原の制止を無視して、『ボクは青木さんに聞きたい。そこまで安倍政権を戦後最悪だと言うなら、対案を出すべきでは?』と正論をぶつけた。

    そこで青木さんは『ボクはジャーナリストだから対案を出す立場にない』と即答して議論を避けたんですが、小松アナはさらに畳み掛けて、『そこまで言うなら対案がないと説得力がない』

    『その話をするとワタシは社会部だとかおっしゃるんですが、そんなの関係ない』と青木さんを追い込んでしまった。
    すると、いつもは切れ味鋭い青木さんが小松アナとは目を合わせず、『あの、いや……』としどろもどろになってしまいました」(週刊誌記者)

    この時、動揺したのは青木だけではなかった。
    青木の隣にいた室井は何かを察知したのか、青木を庇うように「だってそうとしか」「なんで~!? おかしくない? なんで~?」「どうして~?」と強引に小松の会話を遮り、ついには「頭おかしい」とヒステリックを小松アナを罵倒した。
    結局、青木は「ジャーナリストが対案を出すのは仕事だとは思っていない」と同じことをくり返すのがやっという”討論ゼロ”の討論番組となっていた。

    この問題シーンの動画がSNS上に投稿されるや、

    「頭おかしいのはどう考えても室井」
    「文句だけでいいならジャーナリストは誰でもできる職業」
    「ジャーナリストも小説家も何の役にも立たないことが判明した」
    「そもそも室井はいるのか?」

    など厳しい声が飛びかった。

    一方で田原さえ恐れず、テレ朝社員らしからぬ正論を貫いた小松アナには「彼のほうがよほどジャーナリストだ」との喝采があがっていた。

    ともあれ、対案を出さないのは「とにかく安倍晋三(64)が嫌い」の一辺倒で批判だけ続ける室井や、さらにはどこかの野党も同様である。
    小松アナには次は室井から”生産的な意見”というものを聞き出してほしいものである。


    デイリーニュースオンライン
    http://dailynewsonline.jp/article/1390859/


    所長見解:なんかすごいよね・・・
    【【暴言波乱】室井佑月、テレ朝アナを「頭おかしい」と罵倒ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「第68回NHK紅白歌合戦」の総合司会・内村光良さんとアイドルグループ「欅坂46」がコラボしたダンスは、欅坂のメンバーたちがパフォーマンス後に意識を失うハプニングが起きて、視聴者に強烈なインパクトを残した。

    おそらく審査員席の女優・吉岡里帆さん(24)もその1人だろう。
    カメラが演奏直後に白組司会の二宮和也さんを映した時、テレビそっちのけでステージの方向を心配そうに見つめる吉岡さんの姿が映っていた。

    吉岡さんが心配するのも無理はない。
    実は、欅坂46のライブを観戦するほどのファンなのだ。


    ■「live最高でした」

    吉岡さんの「欅坂46」推しが知れ渡ったのは、2017年4月7日。
    この日のインスタグラムに欅坂46の1stシングル「サイレントマジョリティー」の写真を公開し、「欅坂46 お誕生日おめでとう live最高でした」と投稿したことがきっかけだ。

    前日の6日は「サイレントマジョリティー」の発売日、彼女たちのデビュー記念日だ。
    17年4月6日の東京・代々木第一体育館では、デビュー1周年ライブを開催した。

    吉岡さんはつまり、このライブを観戦したと明かしたのだ。
    「新曲『不協和音』はどれだけの若者を救うんだろうか...」と、4月5日に発売したばかりの4thシングル「不協和音」にも触れた。

    センターの平手友梨奈さん(16)がこの楽曲で叫ぶセリフ「僕は嫌だ!」をひっくり返して
    「僕は好きだ!」とも書いている。


    欅坂のパフォーマンスに「痺れました」

    吉岡さんはさらに「p.sねるちゃん」と切り出し、出演したドラマ「カルテット」(TBS系列)を同グループの長濱ねるさん(19)がラジオ番組で取り上げてくれたと明かした。
    「昨日1人バスに置いてかれた(編注:楽曲「乗り遅れたバス」の演出とみられる)あなたに『後ろ見てー!ねるちゃん見てー!』と叫びました。好きだ」と、ライブでは興奮を抑えきれなかったようだ。

    吉岡さんは最後に「追記.これだけは言っておかなくては!」と続け、これまで欅坂46の全シングルでセンターを務めている平手さんに、「てちちゃん(編注:平手さんのあだ名)のパフォーマンスには本当痺れました。抱きしめたくなる切なさが込み上げてくる」との想いを伝えた。


    吉岡さんに「優しいのね...」との声が続出

    欅坂46は今回の「紅白歌合戦」で、内村さんと「不協和音」のサビ部分を同じ振り付けで踊った。
    その際、異変が起きた3人のうち、1人は平手さんだ。

    終始ふらふらの様子は、まるで肩で息をしているようなという表現がぴったり。
    逆三角形の陣形で決めポーズを取った時、手がけいれんしているような状態だった。
    各メディア報道によると、平手さんのほか鈴本美愉さん(20)と志田愛佳さん(19)が、過呼吸のような状態になっていた。

    この直後、カメラは吉岡さんが心配そうにステージ上を見つめる姿を映していた。

    ツイッターではそんな吉岡さんに、

    「不協和音の後ぶっ倒れた欅坂のメンバーめちゃくちゃ心配そうに見てくれてる吉岡里帆」
    「吉岡里帆ちゃんめっちゃ心配した顔してる 超優しいいい子すぎる」
    「吉岡里帆さんが心配そうに見守る...。優しいのね...」

    との声が続出した。

    だが、吉岡さんは決してただ「優しい」から心配していたのではない。
    欅坂46の一ファンとして、心中おだやかでなかったのである。

    http://news.livedoor.com/article/detail/14108736/

    心配そうにステージ上を見つめる吉岡里帆
    no title


    所長見解:いい子だね・・・
    【【欅坂事故】吉岡里帆、倒れた平手友梨奈らを心配する姿が絶賛ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    2日に放送されたフジテレビ系「めちゃ×2イケてるッ! 中居&ナイナイ日本一周FINAL」(後6時半)の平均視聴率が6・4%を記録したことが4日、分かった。

    n


    元SMAPの中居正広(45)とナインティナインの3人旅が3年ぶりに復活。
    今回は事前に中居がやりたいことをアンケートし、ナイナイの2人が旅をプロデュース。
    北海道、大阪、福岡などを訪れ、珍道中を繰り広げた。 

    「めちゃイケ」は今年3月で終了が決まっており、前身の「めちゃモテ」から数えれば、22年に渡る歴史に幕を降ろす。
    前身番組から始まったナイナイと中居の旅は、11回目の今回で最後となった。
    (数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)


    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180104-00000152-sph-ent

    所長見解:意外と低かったな・・・
    【【惨敗結果】めちゃイケ、中居とナイナイのラスト旅、視聴率は6・4% ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    昨年大みそかに放送された「第68回NHK紅白歌合戦」(NHK総合)の瞬間最高視聴率が、関東地区で48・4%を記録したことが4日、分かった。
    同日午後11時18分の安室奈美恵(40)の歌唱シーンだった。

    k


    安室は特別枠として参加し、「Hero」を歌唱。
    今年9月での引退を表明しており、最後の紅白のステージとなった。
    当初、発表された出演者に安室の名前は含まれておらず、直前までNHK側が出演交渉を続けていた。
    一昨年は審査発表の場面が瞬間最高を記録したが、今年は安室の歌唱シーンが番組を通して瞬間最高を記録した。

    第68回紅白は、白組司会を嵐・二宮和也が担当。
    紅組は2年連続で有村架純が務めた。
    平均視聴率は第1部(前半)が35・8%、第2部(後半)が39・4%を記録した。

    (数字は関東地区。出場歌手別の数字はビデオリサーチデータに基づく集計)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180104-00000043-dal-ent


    所長見解:そうだろうね・・・
    【【Hero】紅白瞬間最高視聴率は安室奈美恵 歌手別もトップってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ