ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    歌姫のプライベートがついに明らかにーー。
    歌手の浜崎あゆみ(38)が、6月19日放送のトークバラエティ番組『しゃべくり007』(日本テレビ系)に出演することが明らかになった。
    浜崎がバラエティ番組に出演するのは、2013年4月の『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)以来で約4年ぶりというところにも大物ぶりが伺える。

    久々にバラエティに出演する歌姫・浜崎。
    今回出演する『しゃべくり007』ではスマホが使えないことやお手伝いさんが5人いること、ヨガの先生が自宅に住んでいることなど、ほとんど知られていない浜崎の謎のプライベートに番組レギュラー陣が迫っているという。

    no title


    「昨年出した最新アルバム『M(A)DE IN JAPAN』は初週売り上げがギリギリ3万枚という程度に落ち込むなど、浜崎の人気は目に見えて低迷している。
    また、全国を回るライブツアーも各会場でチケットの売れ残りや招待券疑惑も浮上するなどコアなファンの動員力も落ちた。
    浜崎のマネージメントは本人の意思が最優先される。
    これまで頑なに拒んでいたバラエティ出演には、現在行われている浜崎のコンサートツアー『Just the beginning -20- TOUR 2017』の代々木公演に向けた危機感があったのでは」(週刊誌記者)

    実際に最近、浜崎の金銭的な苦境を伝える記事が波紋を呼んでいる。
    浜崎が2005年に購入した南青山の超高級自宅を売却したと、5月8日発売の『週刊ポスト』(小学館)が報じた。
    会員制不動産売買サイトに、約25億円で「超大物女性歌手の自宅売却」と掲載されたことで、すぐに浜崎あゆみのものと判明し、2015年の売却報道の際には、twitterで否定していた浜崎あゆみだったが、今回の週刊ポストの報道に対しては、所属事務所であるエイベックスマネジメントも認めており、買い手が見つかったことも明かされている。

    「浜崎所有の南青山の大豪邸は、高額な維持費や管理費が必要な物件です。
    これを維持するのはかなりの負担になっていたはず。
    そうした事情で売却に至ったようです。
    しかし、今でも浜崎の“散財癖”は留まることを知りません。
    一度上げてしまった生活レベルが下げられない。
    周囲をイエスマンで固めた”あゆ軍団”はいまだに健在のようですが、5人のお手伝いさんやヨガの先生を住み込ませているのに”激太り”を防げなかったのか、という疑問の声が上がっています」(前出・記者)

    日本を代表する歌姫に昇りつめた浜崎あゆみ。
    プライベートの切り売りが人気低迷に歯止めをかけるのか。
    アラフォーの壁をぶち破れるかに世間の関心は高まっている。

    http://dailynewsonline.jp/article/1323583/


    所長見解:もう歳だもんね・・・
    【【これは疑問】浜崎あゆみ、ヨガの先生が住み込んでいるのになぜ激太り?ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    未成年少女と飲酒し、不適切な関係を持ったとして現在無期限活動停止中の俳優・小出恵介(33)の所属事務所は15日、少女との間で示談が成立したと正式に発表した。
    示談内容の詳細は明かされず、弁護士を通じて少女側の親権者を交えて話し合い、10日に成立したという。

    k


    すでに放送中止が発表された『神様からひと言~なにわ お客様相談室物語~』(NHK)の撮影で大阪を訪れていた小出は、バーで飲んでいた知人にA子さんを呼び出させ酒を飲ませ、そのうえで関係を迫ったと伝えられている。

    「6月9日発売の写真週刊誌『フライデー』(講談社)が少女の告発記事を報道した後、『週刊文春』(文藝春秋)も少女の独白記事を掲載し、騒動にさらなる拍車がかかった。
    少女の告白では経緯を伝えた友人から週刊誌への売り込みを勧められ、「小遣い稼ぎになるとも思った」と告発するに至ったことを明かしています」(週刊誌記者)

    しかし、少女の告白によって小出のダメージは取り返しのつかないところまで落ちてしまった。
    第一回目の示談交渉の現場で小出は少女に会うなり、「俺に会いたかったんやろ」と抱きしめてキスを迫ったという。
    その後も室内で、「カネで解決すればいんだろ」と開き直ったという。

    少女の告発によって小出はCM契約の終了やドラマ放送中止、降板など相次ぎ、一連の騒動で発生した損害賠償額は10億円に及ぶとも。
    小出の所属事務所であるアミューズは今回の示談交渉の成立もあって、小出を解雇しない方針であることは変わらないようだがその先行きは不透明だ。
    小出の会見も未定だとしている。

    「小出にはこの一件以来、酒癖の悪さや夜の町での悪評が知れ渡ってしまった。
    CM放送中止やドラマ降板は俳優としては最悪の不祥事。
    さらに西麻布の飲食店との金銭トラブルなども伝えられており、俳優として再起の道は完全に絶たれたように思えます」(芸能関係者)

    小出恵介による淫行騒動。
    示談交渉が成立したことで一件落着といくのだろうか。
    人気俳優の夜の顔が明らかになった現在、世間の批判は免れないだろう。

    デイリーニュースオンライン
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13213731/


    所長見解:そりゃ無理だろうね・・・
    【【復帰は?】小出恵介、告発少女と示談成立も「俳優としての再起は不可能」ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    17日に開票イベントが行われたAKB48の第9回選抜総選挙で、総選挙史上に残る“爆弾発言”で話題をさらったNMB48・須藤凜々花(20)は18日、沖縄県内で、17~32位のメンバーによる「アンダーガールズ」として、雑誌のグラビア撮影に参加。
    夜に那覇空港から東京に移動した。

    no title

     
    過去の事例から、結婚も発表した須藤がグループに残る可能性は極めて低い。
    早ければ19日にも行われる会見をもって事実上の「解雇」となることが濃厚で、この日撮影した「アンダーガールズ」の写真が使用できなくなる可能性も浮上する。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170619-00000006-dal-ent


    所長見解:これは仕方ないよね・・・
    【【専業主婦へ】NMB須藤、事実上の「解雇」ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    芸能界で早くも大コケ確定と囁かれているのが、武井咲(23)主演の7月期ドラマ『黒革の手帖』(テレビ朝日系)だ。
    武井といえば男女を問わず人気を集める女優だが、現場の評判は最悪だという。

    t

     
    「とにかく多いのが『聞いてない!』とダダをこねること。
    マネージャーが武井に謝らないと、事が収まらない。
    以前ですが、彼女の楽屋の前を通ったときに聞こえてきたのがわめき声。
    『なんでこんな仕事を受けたの!?』とか『私のことを考えてくれてる?』のオンパレードで、聞いているこっちがいたたまれなくなりましたよ」(制作会社AD)

    すでに、今回のドラマでも似たような話が漏れ伝わってきているのだ。
    「濡れ場が出てこないという話しなんです。
    『黒革の手帖』は、元銀行員の原口元子が、己の肉体を武器に次々と男を手玉に取り、のし上がっていく松本清張の同名小説。
    過去に何度もドラマ化され、武井の事務所の先輩である米倉涼子も激しい濡れ場を演じて話題になった。
    キスシーンはあるものの、場面展開で男と朝を迎えるなど、ふざけた演出がなされているようです」(ドラマ関係者)

    同ドラマから濡れ場がカットされた理由だが、「台本を読んだ武井が、またしても『聞いてない』とヘソを曲げたからです。一度、言い出したら絶対に自分の意見を曲げない。
    米倉の後輩だからヒロインに抜擢されたという裏事情を知らないんです」(放送作家)

    ちなみに、気になる武井の出演料といえば、「1本150万円~。テレ朝は当初、110万円で交渉したが『ドクターX』のご威光が最後は利いたようです。
    ただし、濡れ場に関してはテレ朝サイドも完全削除というわけにはいかず、話し合いが続けられている。あまりに武井がゴネ続けると最悪、降板なんて事態も起こりえますよ」(テレビドラマ事情通)

    武井が、ポスト米倉として名前が挙がるようになるには、まだまだ時間が掛かるようだ。

    http://wjn.jp/article/detail/1728134/


    所長見解:かわいい顔して意外だね・・・
    【【これは意外】ドラマ関係者たちが呆れる武井咲の意外過ぎる素顔ってよwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ