ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    人生は激変する。
    お笑い芸人・小島よしお(37)は2007年、「そんなの関係ねぇ!」でブレークを果たした。
    当時の最高月収は1200万円! 
    家賃6万円の家から安倍晋三首相私邸の近所にある23万円高級マンションに引っ越したという。

    k


    当時は基本、毎日出ずっぱりで、休みは正月くらいでした。
    それでも気を張っていたせいか、もしくは20代後半で体力があったからか体調は大丈夫。飲みは37歳の今より行っていたんじゃないかな。

    睡眠時間も4、5時間は取れていました。
    連載第9回で話したように「東京ダイナマイト」松田大輔さんらが東京・笹塚の僕のウチに合鍵を作って入り浸っていた時(06年)のほうが睡眠時間は短かったですね。
    まあ、あれで鍛えられたのかな。

    最高月収ですか? 1200万円です。入ったのは08年。
    明細を見て「120? …ん、えっ!?」と目を丸くしてしまいました。

    お金の使い道は、09年の正月だったと思いますが、家族を連れてオーストラリアに行きました。

    あとは引っ越しで家賃を一気にアップ。
    笹塚時代は1Kの6万円で、そこから安倍首相の私邸がある富ヶ谷に移りました。
    2LDKの23万円。
    高校の時から筋トレにハマっていて、自宅にベンチプレスを置くのが夢だったので50万円以上する20キロのベンチプレスを買いました。

    トレードマークの海パンは08年くらいだったかな、「ロンドンハーツ」(テレビ朝日系)のドッキリ企画で大量にもらえました。
    海パンをはいた100人のオジサンに「そんなの関係ねぇ!」とマネされたんですが、スタッフさんから「オジサンがはいたので良ければ」と100枚いただきました。

    いや、気にしなかったですよ(苦笑)。洗えば良かったし。ありがたかったですね。
    洗濯機で洗い、乾燥機で乾かしました。

    でも、100枚全部使ったわけではありません。
    年に1枚のペースで換えていき、はき潰したのは5、6枚くらいかな。

    サイズ的に合うのはLで、Mはがんばればはけるといった感じ。
    Sは小さすぎて使えませんでした。

    余ったのは「ファン向けのプレゼントで提供してください」と依頼されたり、お世話になった方から「ゴルフコンペの景品で出したいからもらえない?」と要請されたりして、渡していました。まあオジサンのお古ですが(苦笑)。

    当時は自分のキャパ以上の仕事が毎日のように降りかかってきました。
    でも、「そんなの関係ねぇ!」を披露する仕事ばかりで、トークはそこまで必要とされませんでした。

    08年くらいからしゃべりを求められるようになります。
    でも、うまく返せなくて。ヘタでした。
    トークの輪に入った時点でスベる空気になっていました。
    そのうちに話を振られなくなりました。

    「ヤバい…。どうしよう…」

    ヘコみました。
    悩みました。

    世に出たのが07年。スベったのが08年。早いですね(苦笑)。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15148528/


    所長見解:長いよな・・・

    【【一発屋芸人】小島よしおの月収がコチラwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「事故物件住みます芸人」の松原タニシが、8月6日にAbemaTVで放送された「スピードワゴンの月曜The NIGHT#119」(毎週月曜25時00分~)に出演。
    事故物件にまつわる恐怖話を語った。
    「The NIGHT」は平日深夜、日替わりのパーソナリティが司会進行を務める深夜ラジオ風の生放送番組。
    スピードワゴンは月曜日を担当している。
    この日の番組テーマは「怪談」。
    松下ら「怪談四天王」が、それぞれ持ちネタを披露した。

    松原が語ったのは「安里さんのマンション」のエピソード。
    その物件の部屋は四畳半一間ばかりで、風呂はなくトイレは共同。
    マンションとは名ばかりの下宿屋だった。
    「安里さん」はその角部屋に住んでいた。
    住民同士の付き合いは皆無だったが、安里さんには気になる住民がひとりいた。
    はす向かいの部屋に住むオタク風の青年だ。
    ドアが開いているときに見えた部屋にはアイドル女性のポスターが壁一面に貼られ、床にはアニメキャラのフィギュアが並べられていた。
    彼はほとんど外出もせず部屋に閉じこもっているように見えた。

    オタク青年は、ある日ぷっつり姿を見せなくなった。
    階下に住む大家に尋ねると家賃滞納が続いたので退去させたのだという。
    住民の入れ替わりはよくある。
    安里さんはやがて青年のことも忘れていった。
    しばらくして、季節は夏になっていた。
    青年が住んでいた部屋から腐敗臭がすることに気づいた。
    その翌日、帰宅するとマンションはパトカーと警察官に囲まれていた。
    大家がいたので話を聞くと、大家の部屋に、天井を突き破ってウジムシが落下してきたのだという。
    上の階は青年の部屋だった。
    警官立ち合いのもと調べると、部屋にはオタク青年の腐乱死体があった。
    彼は合鍵を使って部屋に潜み、そのまま餓死していたのだ。

    気味の悪い出来事に住民はみな退去していった。
    残されたのは安里さんひとり。
    その後、元オタク青年の部屋のドアがバタンと開くことがあった。
    風の影響かと気にせずにいたが、大家も同じような場面に遭遇していたらしく、不安を感じた大家はリフォームをしたうえで祈祷師にお祓いをさせた。
    その日帰宅した安里さんの目の前でオタク青年の部屋のドアが勢いよく開き、お祓いで使用した鎮め物の紙が掃き出されるように舞い上がった――。

    松原は、その話を安里さんから実際に聞いたという。
    マンションは取り壊され、事故物件としては現存していない。

    スピードワゴン小沢は、松原の話が終わると視聴者から寄せられたコメントを読み上げた。
    そこには松原が持参した人形が、瞬きをしたとあった。
    小沢は恐怖の表情で、その人形を凝視していた。
    この他にも事故物件に関する怖い話を集めた松原タニシの初の著書『事故物件怪談 恐い間取り(二見書房)』が発売中である。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15142409/
    AbemaTIMES

    no title


    所長見解:怖いな・・・

    【【閲覧注意】事故物件芸人が語った戦慄の事故物件がコチラ・・・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ぶりっ子キャラで一世を風靡したタレント・さとう珠緒(45)は、グラビアクイーンとしても活躍した経歴の持ち主。
    さとう本人が、23歳時のファースト写真集『ハニーリップス』(1996年、竹書房刊)を振り返る。

    自分の写真集で一番好きなのがこの『ハニーリップス』です。
    カメラマンの井ノ元さんとは相性バッチリで、何もわからない私を楽しい気持ちにさせてくれて、その瞬間瞬間を切り取ってもらいました。
    この写真が一番のお気に入りです。
    Y字バランスの写真は、当時ダンスをやっていたので、こんなポーズをしてしまったんでしょう。
    今はすっかり体が固くなって、もうこんな開脚はできません(笑い)。

    1988年に15歳で「第2回ミス・アクション・オーディション」の準グランプリをいただいているので、実は今年が芸能生活30周年になります。
    準グランプリの後は数か月だけ芸能活動をして普通の高校生活を送り、卒業後は芸能界と関係ない職業に就くことも考えました。

    1995年に『超力戦隊オーレンジャー』にオーピンク役で出演してから多くのお仕事をいただけるようになりましたが、ぶりっ子だと批判されたり、「女が嫌いな女」に選ばれたりした時は、もう“プンプン”でしたね(笑い)。

    数年前に事務所を辞めて少しお休みしたりしたので、30年駆け抜けた感じではなく、なんだかふんわりとまだやっている感じです。
    今まで本当に多くの方にお世話になり、スタッフや応援してくださった方々、ご迷惑をかけてしまった方々に、申し訳ない気持ちと感謝の思いでいっぱいです。
    こうして長くやってこられたのは、本当に幸福でラッキーだと思います。

    この年で水着グラビアですか? 
    本格的なトレーニングから始めなくてはならないです。
    やる気はあれど、そのうちおばあちゃんになってしまう……。
    ぶりっ子おばあちゃんの水着、はたして需要はあるのでしょうか?(笑い)

    【プロフィール】さとう・たまお/1973年1月2日生まれ、千葉県出身。
    1988年、第2回ミス・アクション・オーディションで準グランプリ。
    1995年、『超力戦隊オーレンジャー』にオーピンク役で出演。
    あいくるしい顔立ちと「ぶりっ子」キャラが人気を呼び、バラエティ番組に引っぱりだこに。
    グラビアでも活躍し、小悪魔的な魅力で見る者を虜にした。
    今回はファースト写真集『ハニーリップス』(1996年、竹書房刊)から厳選カットを掲載した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180813-00000003-pseven-ent

    no title


    所長見解:まだ大丈夫やね・・・

    【【あの人は今】さとう珠緒(45)が振り返る水着写真集がコチラwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    タレントのつるの剛士さん(43)がツイッターへ投稿した1枚の写真が、インターネット上で「心霊写真では!?」と注目を集めている。

    話題の1枚は、つるのさんと元「キマグレン」のクレイ勇輝さん(37)が肩を並べた構図だ。
    2人は笑みを浮かべていて、いかにも楽しげな雰囲気。
    だが、クレイさんの様子がどこかおかしい。
    右腕が、すっぽりと消えているように見えるのだ。
    当人2人もツイッターで話題にしている。

    つるのさんは2018年8月12日、自身がボーカルを務めるバンドで神奈川県・三浦海岸の音楽イベントに出演。
    その会場で、イベントの総合プロデューサーを務めるクレイさんと記念写真を撮ったようだ。
    しかし、クレイさんの右腕が見当たらない。
    本来ならば、半袖のTシャツからスラリと伸びているはずの腕が、写真には映っていないのだ。

    この1枚には、当のクレイさんも12日深夜、つるのさんの投稿にリプライ(返信)する形で、「というか...俺の腕なくないでしか???」(原文ママ)と困惑気味に反応。
    本人からの指摘を受けたつるのさんも、「え?!またまたぁ、、あれ??、、ええええっ!!いやいや!後ろに腕組んでたって言って!」と焦った様子で返信していた。
    こうした当人らのやり取りを受けて、2人の投稿のリプライ欄には、「悲鳴」が続出する騒ぎとなった。

    もちろん、写真の状況を冷静に分析しようとするユーザーの姿も。
    ネット上には、iPhoneカメラに搭載されている写真の自動合成機能で、腕の部分だけが消えてしまったのではないか、クレイさんはただ右腕をTシャツの中に入れていただけなのではないか――などの意見が出ているが、現時点で真相は不明だ。

    no title

    https://www.j-cast.com/2018/08/13336151.html 


    所長見解:ないな・・・

    【【心霊写真】つるの剛士、どこかおかしい2ショット写真がコチラ・・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ