ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    SNSで話題の中国から来た”14億分の1のシンデレラ”ロン・モンロウ(栗子)が、21日発売のマンガ誌「週刊ヤングジャンプ」29号にて初グラビアに挑戦に挑戦した。


    話題の中国人美女・ロン・モンロウ(栗子)、初グラビアに挑戦

    日本のアニメ・ドラマをきっかけに、日本が大好きになった彼女。
    地元中国で上海の大学に進学後、2014年に国営中国中央テレビ(CCTV)の大型オーディション番組でグランプリに選出。
    その後、アルバイトでインターネット向けに写真のモデルをしていたところ、SNSを中心に日本で話題になり、現在は「栗子」の愛称でCMやドラマへの出演が続くなど活躍の場を広げている。

    今回の初グラビアでは、本人念願の「沖縄の海」でロケを敢行。
    お茶目で可愛らしい姿から、初グラビアと思えない堂々とした立ち振る舞いで、スタッフを驚かせる一面も見られた。

    今後は「一人の若者として、日本と中国の架け橋になりたい」とコメント。
    6月20日にはCDデビューも決定しており、国境を越えた今後の活躍にますます注目が集まりそうだ。

    http://mdpr.jp/news/detail/1773806

    「週刊ヤングジャンプ」29号 ロン・モンロウ(栗子)
    no title

    no title


    所長見解:似てないな・・・

    【【栗子】「中国のガッキー」の初グラビアがコチラwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    通報多数で捜査していた TBS“芸人連れ去り”撮影

    TBSテレビのバラエティー番組でお笑い芸人を路上で連れ去る撮影をしたところ、110番通報が相次ぎ、警視庁が本当の事件として捜査していたことが分かりました。

    d


    警視庁によりますと、先月22日、東京・渋谷区恵比寿の路上で「男の人が車で連れ去られた」と110番通報が相次ぎました。
    警視庁が誘拐の疑いで捜査したところ、車はTBSテレビのバラエティー番組「水曜日のダウンタウン」が使っていて、番組の関係者に事情を聴いたところ、お笑い芸人の男性を連れ去る企画だったということです。
    警視庁は混乱を招いたとして関係者に厳重注意しました。

    http://news.livedoor.com/article/detail/14897444/


    所長見解:やりすぎだわな・・・

    【【水曜日のダウンタウン】「芸人連れ去り企画」本当の事件として捜査されていた結果wwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送人権委員会は20日、俳優の細川茂樹を所属事務所が契約解除したとの報道を巡り、TBSの情報番組を審理すると発表した。
    細川が人権侵害を申し立てた。

    h


    人権委によると、番組は昨年12月29日放送の「新・情報7daysニュースキャスター 超豪華!芸能ニュースランキング2017決定版」。
    細川は、東京地裁の仮処分決定で事務所側の主張に理由がないことが明白であるにもかかわらず、番組で細川のパワハラが契約解除の原因だと強調したと主張。
    謝罪と名誉回復措置を求めた。

    TBSは「言葉足らずで誤解を与えかねない部分があった」として細川と話し合ったが解決に至らなかったという。

    http://www.sanspo.com/geino/news/20180620/geo18062018510027-n1.html


    所長見解:いろいろ揉めてるんやね・・・

    【【あの人は今】細川茂樹がTBS番組による人権侵害を申し立ての結果wwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ◆グループ脱退後の活動を禁止するNMB48“奴隷契約書”を入手

    NMB48のメンバーと当時の所属事務所である「KYORAKU吉本.ホールディングス株式会社」との間で、脱退後の芸能活動を一定期間禁じる契約が交わされていたことがわかった。6月16日(土)のネット生放送「直撃!週刊文春ライブ」が報じた。

    AKB48など他の姉妹グループとは異なり、NMB48のメンバーは全員が吉本興業の関連会社に所属している。
    週刊文春デジタル取材班は「専属契約書」の現物を入手。
    そこにはこのような条項があった。

    〈本契約終了日から起算して2年間は対外的な芸能活動を行ってはならず〉

    「まるで“奴隷契約”ですよ! 2年間も活動を止めたら事実上の芸能界引退です。
    メンバーも『“フリーター製造機”だね』って自嘲していた」(元NMBメンバー)

    n


    労働問題にくわしい都民総合法律事務所の中村剛弁護士が解説する。

    「今年2月に公正取引委員会の有識者会議が報告書を公表し、タレントの事務所移籍を制限するのは独占禁止法違反にあたる可能性があると指摘しました。
    今後の指針を示した重要なガイドラインと言えます。
    昨夏に契約トラブルが報じられたタレントのローラさんの場合も2年間の活動禁止条項がありましたが、結局は今年4月に事務所と和解しています。
    憲法22条(職業選択の自由)に照らして拘束力を有さないという裁判例もある。
    NMBの契約内容も法的には同様に判断される可能性が高い」

    週刊文春の取材に吉本興業の広報担当者は次のように回答した。

    「NMBの契約書には確かにその条項があります。
    ですが、それを盾に取って活動を制限したことはありません。
    今年3月に入った子たちの契約にはその条項がありませんし、相談があれば、それ以前のメンバーも2年縛りはなくしています」

    “奴隷契約書”の内容や元メンバーの肉声など、詳細は6月21日(木)発売の「週刊文春」で報じる。
    「週刊文春デジタル」では「直撃!週刊文春ライブ」有料パートで放送した関連動画等を同日朝5時に公開する。


    週刊文春
    http://bunshun.jp/articles/-/7848


    所長見解:さすが吉本・・・

    【【これは怖い】脱退後の活動を禁止するNMB48の奴隷契約書がコチラwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ